御所モラロジー事務所歩こう会サークル
2008年度の活動

 ■トップページへ戻る

第8回四国遍路の旅
 45番(岩屋寺)〜53(円明寺)
平成18年春から始めた四国巡礼は44番札所まで終了。
松山市に入り、いよいよ、後半の開始です。

こんなスリリングなお参りから始まります。(岩屋寺)

奈良市オリエンテーリング

10月26日(日)雨もよう、予定はOLと山辺の道ハイク。
大幅に縮小してOLをできるだけ・・・ と言う事にしました。
ならまちセンターをスタートして、9つのポストを巡るパーマネントコース。
「OL初めて」が多く9人が団体行動。春日大社〜白毫寺〜教育大
と回って、新薬師寺の金堂跡発掘現場をのぞいて、そばを食べて終了。
OLも中途半端で山辺の道北部も宿題となりました。



春日大社で記念写真





最後はそばで仕上げをしました。わさびを入れすぎないように。


 

 

錫杖ヶ岳(しゃくじょうがだけ)

8月24日(日)車3台で三重県にある錫杖ヶ岳を目指しました。
道中は豪雨。「こりゃだめ」と思っていたら三重県に入るころから
小雨になり、登山口ではすっかり雨もあがっています。




Hさん心づくしの「ふかしいも」を笑いこけながら、のどに詰まらせる。




頂上は、このとおり。眺望は思いのまま。足元の錫杖湖から
伊勢平野(こう言ったけ)から、遠く太平洋まで一望。


下山に事件あり。縦走路途中に新しく設置された標識あり、
「通行禁止 津警察署」
右に大きく迂回するような地図が別に立っている。
信じてたどると、思いもしない、全く別の場所に下りてしまった。
引返す体力はなく、タクシーを呼んで、デポした車を取りに行く。
通行禁止を無視して歩くべきだったようだ。そういえば、この標識は
道の真ん中でなく、心もち左方に立っていたっけ。
「正確な地図をもって登山すべし」と言う教訓を得た。

 

伊吹山ハイキング

7月27日、草花のよく咲くと聞く伊吹山に11人、3台の車で参上した。
ゴンドラを利用し3合目まで。そこから歩き開始。
なるほど、ふむふむ実にたくさんの花、花、花である。見事。
ざっと見渡しただけで20数種の花が今を盛りと咲き競っている。
(残念ながらよい写真が撮れていません)
ゆっくり組は6合目まで、他は頂上を往復しましたが、山頂は
人、人、人。ドライブウェイをバスで上がってくる人が・・・










 

槇尾山ハイキング

西国33ヶ所霊場の札所(何番だっけ)槇尾山施福寺にお参りし
槇尾山最高峰捨身ヶ岳(601m)を登って
ぐる〜とハイキングしてきました。
けっこ良かったよ。
あ、そうそう4番でした。





途中の滝にも降りて、(また登り帰すのが大変)



 

 

釈迦ヶ岳登山

5月5日こどもの日、ゴールデンウイークの真っ只中
久方ぶりの釈迦に登りました。
日ごろの精進悪く、この日のみ雨。
でも、少し雲も切れ、雨もやみ登頂を果たしました。



1434mのピークにて、Yさん、Hさん&トーマスさん。みな元気





1時間ほど歩くと、このとおり。右手に大日岳、向かう釈迦の頂上もはっきりと


昨年改修なったお釈迦様はにこやかに、私たちを迎えていただきました
(ガスのため表情がよく分からないですが・・)

 

行ってきました四国巡礼
37番から44番まで

4月の陽気真っただ中、37番岩本寺から、44番大宝寺まで歩き?ました。
実はこのあたりは、次の寺まで50`、90`と離れていて
歩くと2日も3日もかかります。そこで、延々とドライブとなりました。
天気は良し、海はきれい、かつおのたたき最高と3拍子も4拍子も揃う。

今回は37番岩本寺から始まります

 

土佐清水市はかつおの本場。取れたてを食す。四国の最南端、足摺岬の金剛福寺へ

 

足摺岬付近の遍路歩き。残念ながらドライブ・・・

 

39番延光寺

40番観自在寺


             今回はこの4人と少し寂しい

 

宿泊はこの通り、超近代的遍路宿、クアホテル宇和島

41番龍光寺を早朝にお参り

四国は鯉のぼりがたくさん。川幅いっぱいに松田川にかかる

42番仏木寺、43番明石寺、44番大宝寺には大わらじが山門に

歩こう会の四国遍路の旅も88ヶ所のちょうど中間
高知県を越えて愛媛県に入ってきました。
これからは、石鎚山も近づきますし、美しい瀬戸内海も楽しみです。

 

四国八十八ヶ所札所めぐり
29番から36番まで

2月23日(土)から24日(日)と四国遍路の旅に出ました。
厳寒の奈良を離れ、南国土佐を歩きましたが、
日本列島は西高東低の完全な冬型。寒気が土佐まで
押し寄せていて寒いが、歩き遍路には最適となりました。

今回は29番土佐国分寺から始まります



30番善楽寺(ぜんらくじ)。Mさんに奈良ソムリエ試験の朗報が届く

 

31番竹林寺

 

32番禅師峰寺(ぜんじぶじ)

 

今日の宿泊は国民宿舎「土佐」。露天風呂から土佐湾を一望、
皿鉢料理に舌鼓を打ち、結構、結構





 

36番青龍寺の奥の院は「土足厳禁」。
気温は零度に近い中、唱える般若心経も震えて


 


33番雪渓寺、34番種間寺、35番清龍寺、36番青龍寺

 

行ってきました。「はりまやばし」「桂浜」



なんでこんな写真(吉野川サービスエリアの・・・)があんねん

今回は不参の、Yさんの病気平癒を全員が祈りました。
帰りは必然的に、徳島市の「山かつ」に立ち寄り
定番の鹿児島産黒ブタロースかつ定食(\2380なり)を頂く。
寒気のお陰で、大阪湾対岸の夜景がきれいに見え、
高速道路もガラ空き。
午後9:00過ぎには御所に帰着しました。


 

高見山(たかみやま)登山

1月27日歩こう会5人とN夫妻の7人は高見山(1248m)に登りました。
奈良県と三重県の県境に位置し、樹氷がきれいなことで有名です。
この日は今冬一番の冷え込みでしたが、
多くの人出でにぎわっていました。


山登りは準備が大事です。歯ブラシや○○丸まで・・・



高見山の登山口は、このような民家の横の石段を登ることから
始まります。これが何と、旧伊勢街道。大和と伊勢を結ぶメインストリート。



歩くこと1時間足らず、小峠(ことうげ)に到着します。
ここから本格的な、登山になります。






如何でしょう?この樹氷。
樹木に風で雪が吹き付けられ、花が咲いたようになったり、大きな塊になったり。
吹き付けられた雪が風上側に成長したのを「えびのシッポ」と呼びます。
見事な樹氷のトンネルをくぐります。




2時間余りで頂上に到着。高見神社で般若心経を唱え、記念写真を撮る。
この日は曇天にて、山上からの視界は利きませんでしたが、
適度な雪量で、風も穏やか、十分冬山気分を満喫できました。
下山は別ルートを取り、大峠(おおとうげ)をへて、元の登山口に。
近くの温泉に浸り、極楽、極楽でした。

 

サークルのトップに戻る